10~40トン/時の微粉炭を一定の処理量で得ることができます。

  • 低メンテナンス設計
    a) 利用可能な粉砕質量が大きい
    b) 石炭と金属の接触ではなく、石炭粒子と石炭粒子の摩擦によって、ほとんどの石炭粒子が粉砕されるような配置
  • 高稼働率
    a) 石炭の流路にベアリングがないため、定期点検の不要
    b) 75ミクロン(200メッシュ)を70%通過する細かさまで対応可能 
  • 消費電力は、同容量のチューブミルの1/3程度
  • ボールレースミルの粉砕要素は、上下1組のリングと多数の大径中空ボールで構成されています。
    a) ボールは両軸を中心に自由に回転する。ボールは均一に磨耗し、寿命まで球状を保つ。
    b) 製品の細かさは、寿命が来るまで変わりません。
  • ローターの回転数を変えることにより、粒度を調整することができます。
  • 熱風温度と粉砕ゾーンの流路は、処理量に影響を与えることなく石炭を乾燥させるように慎重に設計されています。
  • 高灰分の砥粒入り石炭に対応可能です。灰分が多くても処理量は減少しません。
  • 廃棄率が低い

ダウンロード

カタログ

私たちはあなたのそばにいます

私たちにとってのパートナーシップとは、いつでもどこでも必要なときにサポートできるようにすることです。世界各地に広がる拠点と専門家集団によるネットワークで、私たちは常にお客様の側にいることをお約束します。

あなたの
身近な専門家を探す

現地で必要なサポートを受ける

今すぐ検索する

サービス
お問い合わせ

課題、質問、ご意見をお聞かせください。

お問い合わせはこちら

サービス
ホットライン

緊急のヘルプが必要ですか?私たちは24時間365日、あなたのためにここにいます

お問い合わせはこちら