The SSacMaster バルクバッグ排出装置 は、多くの工程要件を満たすために柔軟なポジショニングを提供するモジュラー設計になっています。特許取得済みの攪拌装置により、SacMasterは最も困難なあらゆる種類とサイズの材料を空にすることができます。流動性のあるプラスチック顆粒から、流動性の悪い二酸化チタンや炭酸カルシウムまで、効果的に処理できる材料の範囲に入ります。

特許取得の攪拌装置
袋が満杯になると、パドルが袋の底を押し、排出口に架け渡された材料を壊すと同時に、袋の側面を注ぎ口付近で攪拌し、材料の動きを促します。袋が空になると、エアシリンダーがパドルを袋の中心に向かって押し、エアシリンダーに取り付けられたセンサーが袋が空になりかけたことを判断します。センサーはエアシリンダーを伸ばしたまま袋の隅を空にし、袋の底を脈打たせ続けます。これにより、袋からの材料の流れがスムーズになり、無駄が省かれ、工程効率が向上します。この特許取得済みのPosi-Flowシステムは、袋を完全に空にするために非常に重要です。

メリット
袋の一部が空になったバルクバッグは、次の処理が必要になるまで排出ステーションに残しておくことができます。アイリスバルブは、処理が再開されるまで容器を閉じます。粉塵を制御するための粉塵封じ込めユニットがあり、容量式または重量式フィーダもシステムに組み込むことが可能です。

ビデオ

私たちはあなたのそばにいます

私たちにとってのパートナーシップとは、いつでもどこでも必要なときにサポートできるようにすることです。世界各地に広がる拠点と専門家集団によるネットワークで、私たちは常にお客様の側にいることをお約束します。

あなたの
身近な専門家を探す

現地で必要なサポートを受ける

今すぐ検索する

サービス
お問い合わせ

課題、質問、ご意見をお聞かせください。

お問い合わせはこちら

サービス
ホットライン

緊急のヘルプが必要ですか?私たちは24時間365日、あなたのためにここにいます

お問い合わせはこちら