チャールズ・ダーウィンの進化論で、優れた特徴を持つ動物だけが生き残るように、デジタル・ダーウィニズムでは、デジタル変革を受け入れた企業だけが「生き残ります」。

デジタル化で将来性のある雇用を確保

デジタル・トランスフォーメーションを考えれば、従業員が仕事の評価を心配する必要はありません。それどころか、この大規模なプロジェクトを実行するためには、チームのメンバーの一人ひとりが必要なのです。デジタル・ツールの利点を最大限に活用し、従業員に幅広いノウハウを累積することができるのは、ともに働く社員だけなのです。

すでにネットワークに接続されている人も、これまでデジタル・タッチポイントがなかった人も、私たちのエキスパートである従業員一人ひとりが、変革を成功させるために重要な役割を担っています。私たちの目標は、デジタル化によって社内プロセスを大幅に簡素化することです。例えば、より透明性の高いデジタル文書管理により、目に見えるものとなります。

ホルガー・ハックシュタイン
チーフ・デジタル・オフィサー

“チーム間の緊密な協力があってこそ、私たちのデジタル・トランスフォーメーションは成功するのです。私たちの装置で長年の経験を積んだスタッフだけでなく、新たに加わったデジタルの専門家も含めて、すべてのスタッフが必要なのです。”

人々に力を与える

それ自体が目的、としてのルールだけでは意味がありません。そのため、私たちは一般的にルールを控えめに設定し、その代わりに従業員に対して、デジタル・トランスフォーメーションの形成に最適に参加するためのガイドラインやヒントを提供しています。デジタル化の完全なプロセスは、定期的に新しい開発が行われるため、頻繁なトレーニングが必要であり、今後数年間にわたって継続されます。デジタル・ツールは絶えず進化しており、経験を重ねることで、さらにうまく活用できるようになると確信しています。

デジタル・トランスフォーメーションの過程でチームメンバー間のコラボレーションを促進するため、私たちは古くなったヒエラルキーの要素をいくつか廃止しました。以前はスーパーバイザーであった者も、現在はメンターやコーチとなり、目線でのコミュニケーションを保証しています。さまざまなエキスパート・ユニット内では、階級の区別は廃止しましたが、特定の責任には特別な役割を割り当てています。部門別と分野別のヒエラルキーを分離することで、内容に関連した協力関係を促進し、厳しい処分が専門家チームの関係や仕事を混乱させることを防いでいます。全体として、私たちは従業員の個人的な責任に依存しており、必要に応じて同僚に助言を求めるように推奨しています。

デジタル・トランスフォーメーションをどのように実行するのか?

Phase 1: 私たちの最初のステップは、変革を可能にするために必要な(デジタル)インフラを構築することでした。これには、コミュニケーション・プラットフォームであるMicrosoft Teamsの導入、デジタル人事管理ツールの導入、ハイブリッド勤務の導入などが含まれました。

Phase 2: シェンク・プロセスのデジタル・トランスフォーメーションは、4つの柱に基づいています。構造改革、プロセス改革、企業文化・職場文化の適応、そして新しいデジタル製品の導入により、私たちは会社のあらゆる分野でデジタル・トランスフォーメーションを実践しています。

新体制は変革に必要な敏捷性をご提供します。また、私たちは常に自部門のベスト・プラクティスを模索し、その知識を社内の他部門に応用しています。プロセスをできるだけ標準化し、自動化するように努めています。変革全体については、社員が同僚の模範となるような企業文化を構築しています。製品面では、常に新しいデジタル・ソリューションを開発しており、その結果、新たな活動分野とお客様向けの広範なデジタル・サポートを生み出しています。

  • より良く、より俊敏なワークフロー
  • デジタルコミュニケーション(Microsoft Teams)
  • デジタル人事管理
  • ハイブリッドワーク
  • プロセスの標準化と自動化
  • 時間とコストの重要なパラメータの特定
  • 確立された製造プロセスをデジタルソリューションに置き換える
  • 同僚やお客様の模範となる
  • 仕事とコミュニケーションのプロセスにおける行動規範
  • デジタルプレーヤーへの転換
  • デジタル統合: 既存の設備を可能な限りクラウドに接続
  • デジタル製品 / サービス

Phase 3: デジタル・トランスフォーメーションの最終段階では、すべての事業分野で変革の実行が達成される。

“デジタル化によって、私たちはより簡単に協力し合えるようになる。この機会を逃した企業は、競争に取り残されるおそれがあります。”

cdo-hackstein-portrait.jpg ホルガー・ハックシュタイン、チーフ・デジタル・オフィサー

シェンク・プロセスのデジタル・ソリューション

シェンク・プロセスのデジタル・サービスには、新しい設備が必要かどうかという質問が、お客様からよく寄せられます。しかし、私たちは常に、既存の設備をそのまま使用できるように、デジタル・アプリケーションを開発しています。そのため、デジタルコンセプトを開発する際には、常にお客様の設備との互換性を確保しています。言い換えれば、アプリケーションが変わっても、既存の設備が使えなくなることはありません。

ワークフローの改善

いくつかのデジタルサービスについては、その成功度、つまりデジタル化ステップによって達成された節約額を測定するシステムをすでに開発しています。当社の製品LOGiQに付属しているBenefit Calculatorは、処理能力を最大化できる範囲を示し、材料と財務の節約も数値化します。現在、当社の専門家は、計画外のダウンタイムを避けるために、装置の消耗を予測できる計算機を開発中です。

計算機から得られるデータはすべて概算値です。正確な測定基準は、装置が運転されているときに初めてえることができます。

内部と外部のデジタル変革:

デジタル・トランスフォーメーション-インターン

より良い協力関係を築くために、私たちは社内のあらゆる分野をデジタル化することに決めました。そのためにまず、デジタル・インフラストラクチャーやプロジェクトに適応した企業文化といった基盤を作りました。

デジタル・トランスフォーメーション-外部

お客様のデジタル・トランスフォーメーションをサポートするため、私たちは常に研鑽を積み、新しいデジタル・ソリューションを開発しています。私たちは、デジタルの進化を共に形成し、お互いの専門知識から相互に恩恵を受けることを楽しみにしています。